自己破産のメリット・デメリット

下記のメリット、デメリットをご覧頂くと、メリットはとても多く、デメリットは意外と少ないことがわかります。借金で悩んでいる方は自己破産も生活再建の選択肢の一つとして是非検討してください。

メリット

① 自己破産手続きの依頼後、司法書士からの受任通知が金融業者へ届いた時点で支払いの督促や返済がストップするため、精神的にも経済的にも楽になります。

 ②破産手続開始後は、給料を差押えられるという心配はありません。

 ③免責決定を受ければすべての借金の支払い義務が免除されます。(税金などは免除されません。)

 ④家財道具など日常生活を営むうえで必要と認められた財産は手元に残すことができます。

 ⑤自己破産の申し立てをしても、選挙権や被選挙権が停止されたり失われることはありません。

 ⑥自己破産をしたことが住民票や戸籍に記載されることはありません。

 ⑦過払い金が発生している場合、その返還請求(回収)も平行して行うことができます。

 ⑧破産手続開始決定後の収入はそのまま破産者の財産となります。

 ⑨平成17年の破産法改正により、手元に残しておける財産の額が大幅に拡大されました(自由財産の拡大)。

 

デメリット

① 自己破産(免責・借金免除)を専門家(司法書士・弁護士)に依頼せず、本人(債務者)自らの力だけで手続きを行うことは難しいです。

 ② 信用情報機関にブラックリストとして掲載されるため、5年~7年は新たな借金、ローンを組む事、クレジットカードの作成などが制限されます。

 ③ 破産手続きの開始決定から免責の確定までは、保険外交員や警備員など特定の職種に就くことができません。(職業制限)

 ④ 財産を手放さなくてはいけません。(高額でない日常の生活用品は、処分されることはありません。)

 ⑤ お客様が自己破産しても、お客様の借入金の連帯債務者や保証人は、お客様に変わって借入金を支払うよう追求されます。そのため、自己破産を行う場合には、連帯債務者や保証人のことも踏まえてよく検討する必要があります。

 ⑥ 官報(国が発行する機関紙)に住所氏名などが記載されます。(多くの個人はもちろん、企業であっても、官報になじみがあるとは言えないので、官報を見ている方は多くありません。)