任意整理のメリットとデメリット

メリット


➀面倒な手続きは不要です!
 「任意整理」とは、司法書士や弁護士が債務者に代わって金融業者と交渉し、借金の減額や免除、「過払い金」の返還請求をしてくれる手続きです。
 相談者様ご自身が行うこともできますが、専門家に依頼すると金融業者とのやり取りはすべて専門家が代行してくれる為、相談者様が面倒な手続きを行う必要がないのも魅力です。

②誰でも利用可能です!
 年収の少ない主婦や年金受給者でも手続きが可能です。
 支払いに当てるお金があれば誰でも手続きが可能です。
 また、自己破産のように、職業制限や資格制限がありませんのでどの職種の方でも手続きが可能です。

③金融業者からの取り立てがストップします!
 司法書士や弁護士に依頼すると、各金融業者からの取り立てが即時ストップ!金融業者から本人へ直接連絡することは禁止される為、手続き中は返済のことを考えなくて済みます。

④第三者に知られる可能性が低いです!
 自己破産や個人再生は手続きを行うと官報に掲載されますが任意整理ではそのようなことはありません。基本的に第三者に知られることはありません。

⑤返済額が大幅にカットされます!
 お金を払いすぎていれば過払い金請求ができますし、借金が残ったとしても、返済額が大幅にカットされるため、将来への不安が解消されます。将来支払うべき利息も当然に減額されます。

⑥将来利息がカットされます!
 和解が成立した後は、和解時の金額を返済するだけです。将来利息がカットされるため、計画的に返済できるうえに、将来の計画も立てやすくなります!もちろん負担も大幅に減少します!
※分割返済に伴う利息が別途発生する場合があります。

 

デメリット


➀信用情報機関(ブラックリスト)に債務整理をしたことが掲載されるため、5年~7年は新たな借金、ローンを組む事、クレジットカードの作成などが制限されます。

②自動車ローンなどの所有権留保がついている債務を任意整理する場合は、所有権留保がついている商品(自動車など)を債権者に引き渡す必要があります。