信用情報開示調査代行

信用情報開示調査代行とは?

 信用情報機関※が保有している「事故情報」というリストの開示を行うと、現在どのように情報が登録されているか知ることができます。
 当事務所が調査代行を行います。
 なお、当事務所が代行する場合でも開示請求結果は依頼者様の住所に送付されます。(信用情報機関の開示規定で定められているためです)

※主な信用情報機関

【全国銀行個人信用情報センター】
主に銀行等の団体が加盟

【株式会社シー・アイ・シー(CIC)】
主に消費者金融、信販会社、クレジットカード等の団体が加盟

【株式会社日本信用情報機構(JICC)】
主に消費者金融、信販会社、クレジットカード等の団体が加盟

当事務所が信用情報開示調査代行を行っているのは、上記3機関になります。

 
信用情報調査をするメリット

☑自己破産や個人再生などの債務整理を検討しているが、現在の借入れ状況がわからない
☑金融機関から住宅ローンなどの借入れをしたいが、信用情報がどうなっているか確認したい   など

 信用情報開示請求をすることで、現在の状況がわかることがあります。
ただし、債権回収代行会社へ債権が譲渡されている場合は、実際に債務がある場合でも信用情報には記載されていないこともあります。
また、金融機関の借入れの審査は、信用情報の状況が原因で審査の合否がかわるかどうかは教えて頂けません。

信用情報調査に必要なもの

①開示請求者の印鑑証明書(開示請求の委任をする場合)
②開示請求者の過去に使用していた電話番号(わかる分まで)
③開示請求者の過去の住所地(借入れを始めたときからの分)
④開示請求者の運転免許証番号(運転免許取得している場合)
などです。