任意売却について

対象不動産を売却してもローンを完済できずに残ってしまう場合、本来不足分を現金などで補わなければ各債権者(金融機関、抵当権者)は、 抵当権の抹消に同意せず、売買が成立しません。
 しかし、そこに不動産業者が入り調整することによって、競売手続きをすることなく債務者・債権者・購入者の納得のいく価格で、売買を成立させることを任意売却と言います。
 住宅ローン等の支払いが滞った場合、通常は、債権者(抵当権者・金融機関等)は抵当権の実行により競売の申立てを行います。 競売申立て前に、債権者の承諾を頂き、ご自宅の売却(任意売却)をすることができれば、市場価格に近い金額での取引となります。 つまり、不動産所有者にとっては、債務を少なくすることができ、債権者にとっては、競売より回収率が上がるという、双方にとってメリットがあるため、多くの方が任意売却を選択しています。

任意売却後の住宅ローンの残債務はどうなるの

 購入者が見つかると、物件引渡しの前(後になることもあります)に、債権者と残った債務の支払い方法(以下、残債務)についてお話しをします。
 金融機関の同意がないと抵当権の抹消ができないため物件を売ることが出来ないからです。
 しかし残債務を一括で支払うことは難しいでしょうから、実際には、 あなたが支払える金額、たとえば「月々5千円で何とかなりませんか?」といったような形で交渉し、債権者と折り合いをつけ抵当権の抹消をしてもらいます。
 借入債権者(抵当権者)が1社だけであれば、比較的スムーズに話も進みますが、複数社からの借入がある方は、各金融機関と話し合いをすることになります。 あなたにとって初めてのことですから「いったいどう話したら」と不安に思うことでしょう。しかし、心配はいりません。お客様が金融機関との交渉を行う必要はありません。あすな法務事務所が あなたにとって無理のない支払いになるように金融機関と交渉を行います。
 手続き終了後、残債務の支払いを開始することになるのですが、万が一支払ができなくなった場合でもご安心ください。あすな法務事務所にその後のアフターケアまでおまかせ下さい。(自己破産への方針変更等)

個別にお話しを聞いてみようと思われた方は、あすな法務事務所までお気軽にご相談して下さい。

 

意売却を含めた不動産売却の相談について

あすな法務事務所では、依頼者の代理人として、不動産売却手続きを不動産屋(宅地建物取引主任者)・土地家屋調査士等と提携してワンストップで対応しています。
 「不動産売却も視野にいれた債務整理を検討している」という方は、是非ご相談ください。
 不動産取引のエキスパートである司法書士が、ひとつひとつのステップごとに、丁寧にご説明・ご報告させていただきながら手続きをすすめていきます。
 また、不動産売却には様々な専門的知識が必要となりますので、不動産屋(宅地建物取引主任者)・土地家屋調査士等などの各種専門家とも連携し、大切な不動産の売却を全力でサポートさせていただきます。