債権者からの督促に悩んでいる方へ

☑月々の返済が遅れているため、債権者からの督促の電話・書類が送られてくる…

☑月々の借金の返済額が多すぎて悩んでいる・・・

このようなお悩みをお持ちではございませんか?



 債権者からの督促を無視し続けると、債権者は督促から裁判手続きに移行し、判決が確定すると財産や給料の差押えをうける可能性もあります。

 司法書士に債務整理の手続きを委任すると、司法書士は各金融業者へ受任通知を発送します。受任通知を受けた金融業者は債務者へ直接請求をすることを一切禁止されます。いわゆる「取立行為の規制」です。これは貸金業法21条1項に定められています。

「貸金業法21条1項」には次のような行為が禁止されています。

「貸金業を営む者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法人に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があった場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること」

 このように、債務整理を行うと債権者からの請求はストップします。また、債務整理手続き中は債権者への支払いもストップします