信用情報(ブラックリスト)について

信用情報(ブラックリスト)とは?

 信用情報機関※が保有している「事故情報」というリストのことです。

※主な信用情報機関

【全国銀行個人信用情報センター】
主に銀行等の団体が加盟

【株式会社シー・アイ・シー(CIC)】
主に消費者金融、信販会社、クレジットカード等の団体が加盟

【株式会社日本信用情報機構(JICC)】
主に消費者金融、信販会社、クレジットカード等の団体が加盟

信用情報(ブラックリスト)に載るってどういうこと?

 一般的に「信用情報(ブラックリスト)に載る」というのは、借金の支払いを延滞したり破産した場合(つまり信頼を損なうような行動をとった場合)に、その情報が上記の信用情報機関の「事故情報」リストに掲載されることです。

信用情報(ブラックリスト)に載ってしまうと?

 信用情報(ブラックリスト)に載った後5~7年程度は、金融機関からの借り入れができなくなることがあります。
 貸金業者は融資の際、信用情報を審査して判断をするからです。

信用情報(ブラックリスト)に載ると、「戸籍に記載される」「選挙権がなくなる」等のうわさがありますが、それらは間違った情報です。

 当事務所では信用情報(ブラックリスト)に載ることを気にして借金を継続するより、債務整理によって借金問題をクリアにする方がメリットが大きいと考えています。

信用情報開示調査をしたい方はこちら