個人再生のメリット・デメリット

メリット


① 自己破産とは違い、住宅などの財産を手放さずに手続きできる場合があります。

② 債務が原則5分の1に減額されるため、返済が楽になります。
 (住宅を手放さない場合は、住宅ローンの減額はできません。)

③ 自己破産では一定期間、保険外交員や警備員などの職種に就くことができませんが、個人再生には資格制限がありません。

④借金の理由は問われません。
 自己破産の場合、浪費や賭博等(免責不許可事由)で借金を作った場合、借金を帳消しにできない(免責不許可)こともありえます。しかし、個人再生では、このような免責不許可事由がありません。

デメリット


① 信用情報機関にブラックリストとして掲載されるため、5年~7年は新たな借金、ローンを組む事、クレジットカードの作成などが制限されます。

② 任意整理とは異なり裁判所を通じた手続きとなるため、すべての借入先を対象とする必要があり、手続きの要件があるため、、利用できる方が限られます。

③ 官報(国が発行する機関紙)に住所氏名などが記載されます。